お彼岸に結婚式の招待状を送るのはNG?招待状にもマナー違反が!?

結婚式の招待状

お彼岸に結婚式の招待状を送るのは、
ダメだという話を聞いたことはありませんか?

確かにお彼岸はお墓参りをしたり、
ご先祖様を供養する時期でもありますよね。

 

では、本当にお彼岸の時期に、
結婚式の招待状を送るのはダメなのでしょうか?

そして、お彼岸以外にも結婚式の招待状を、
送るときのマナー違反はあるのでしょうか?

しっかりと知っておくことで、
皆さんに喜んで結婚式に出席して欲しいですよね。

お彼岸の時期に結婚式の招待状を送るのはなぜダメなの?

まず、お彼岸の時期に結婚式の招待状を送るのは、
本当にダメなことなのでしょうか?

確かに昔の考えを持つ人は、
お彼岸の時期に結婚式の招待状を送るのは、
マナー違反だと思っている人も多いものです。

 

しかし、実際には、特にマナー違反と決まっているわけではないのです。

 

とは言っても、やはり結婚式という、
お祝いの日の招待状をお彼岸に送るというのは、
あまりいいイメージはありませんよね。

せっかくのお祝いの時期に招待状を送る相手に、
縁起が悪いと思われるのはよくありません。

その為、どうしてもお彼岸に招待状を送る必要がある、
という場合以外は別の日に送るようにしましょう。

お彼岸以外にも結婚式の招待状はマナー違反に要注意!

結婚式というのは、
一生に一度のお祝いの日ですよね。

その為、招待状を出す日には適さない日、
マナー違反というものがお彼岸の期間意外にもあります。

それが、「仏滅」です。

 

仏滅というのは良くない日というのを、
知っている人は多いと思います。

そして、仏滅の日に御祝や引っ越しなどを行うのは、
よくないといわれています。

 

もちろん結婚式の招待状も同じです。

結婚式の招待状を送った時に、
送った日の消印日が仏滅にならないようにしましょう

出来れば一番良い日取りである、
「大安」もしくは「友引」に出すようにすることをおすすめします

 

さらに、招待状が雨などでぬれないように、
ポストに投函するのではなく直接郵便局に出すとより丁寧です。

ポストだと消印が翌日になって姉妹、
せっかく大安に出したのに変わってしまう、
なんてこともありえますよね。

まとめ

結婚式の招待状

結婚式というのは、
新郎新婦の新たな人生の門出となる日ですよね。

その為、結婚式をあげる日や招待状を送る日は、
よい日取りを選ぶようにしましょう。

逆にお彼岸にどうしても送りたい、
という場合もあるかと思いますが、
特にお彼岸に結婚式の招待状を送っても、
マナー違反というわけではありません。

 

しかし、人によっては気にする人もいます。

その為、たとえマナー違反ではなくても、
お彼岸や仏滅などはさけたほうが良いと言えます。

参加者全員に気持ちよく招待状を受け取ってもらい、
結婚式に参列してもらうのであれば、

結婚式の招待状を出す日も結婚式を挙げる日も、
よい日を選ぶようにすることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ワーママの茉莉花です!
子育てや家事の中で日々いろいろ悩んだり迷ったりしています。そんな経験がちょっとでもお役に立てばいいなって思います♪

目次
閉じる