インフルエンザにうつる人うつらない人に違いは?うつらない人になる!?

インフルエンザ

 

毎年寒い季節になると気になるのがインフルエンザ。

毎年インフルエンザの予防接種を欠かさないという人も少なくありません。

私も毎年家族で予防接種をしています。

 

でも、インフルエンザというのは、
予防接種を受けてもうつる人はうつりますし、
逆に予防接種を受けなくてもうつらない人もいます。

中には何度かインフルエンザにかかった経験がある人もいれば、
家族がインフルエンザにかかっても全く大丈夫な人もいますよね。

 

では、インフルエンザにうつる人とうつらない人の違いとは何なのでしょうか?

今回はその違いとうつらない人になるためにはどうしたらいいのかをご紹介します。

インフルエンザにうつる人うつらない人の違い

インフルエンザにはうつる人とうつらない人がいますよね。

この違いってあるのでしょうか?

まず、インフルエンザにうつらない人は、
しっかりと予防接種を受けている人というイメージがありますよね。

しかし、それだけではないのです。

 

インフルエンザにうつらない人には、
生まれつきインフルエンザにかかりにくい人もいます。

そして何よりも大切なのが、
免疫力をしっかり持っているという事
も言えます。

例えば、毎日しっかりと睡眠をとり、
食事もバランスよく食べる。

他にもストレスをためないなど、
規則正しい生活をすることで免疫力を高めることができます。

 

もちろん日ごろからインフルエンザにうつらないように、
しっかりとうがいや手洗い、
マスクの着用など予防をすることも大切ですよ。

インフルエンザにうつらない人になるための方法

インフルエンザにうつらない人

では、インフルエンザにかからない人になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず大切なのは、自身の免疫力を高めることです。

 

本来人は誰でも免疫力を持っていますが、
不規則な生活を贈ることでその免疫力が下がっている可能性があります。

例えば、

  • 睡眠不足
  • 栄養バランスの取れた食事をとれていない
  • 運動不足

このような人は、免疫力が下がってしまいます。

つまり、毎日きちんと栄養バランスの取れた食事と睡眠をとり、
適度に運動をすることで自身の免疫力をあげることができます。

 

さらに、免疫力をあげる方法の一つとして、
最近注目されている方法があります。

それが、
「笑うこと」です。

 

最近笑っていますか?

子どもの頃と比べると、
大人になればなるほど笑うことが少なくなるといいます。

実は笑う事で免疫力をあげることが出来るんです。

笑う事は自分だけではなく周りまで嬉しくさせ、
さらに免疫力まで上げることが出来、
インフルエンザにうつりにくくするなら嬉しいですよね。

まとめ

インフルエンザにうつらない人

インフルエンザには毎年多くの人が感染しています。

そうならないために予防接種を受けている人も多いものです。

しかし、インフルエンザにうつらないためには、
予防接種だけではいけません。

インフルエンザにうつらないように、
自身の免疫力をあげることが大切なのです。

ぜひ、日ごろの生活習慣を見直し、
インフルエンザに負けない強い身体づくりにつとめましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる