インフルエンザの潜伏期間は予防接種をしても効果はあるの?

予防接種

毎年寒くなると心配事が増えます。

それが、インフルエンザ。

もちろん、毎年予防接種を受けている方は多いですが、
もしも気づかずにすでに感染しているけど、
まだ潜伏期間中に予防接種を受けても効果はあるのでしょうか。

 

潜伏期間は正直気づかないので、
潜伏期間に予防接種する可能性も高いんです。

今回はインフルエンザの潜伏期間中に、
予防接種を下ばいいの効果についてご紹介していきますね。

インフルエンザの潜伏期間中でも予防接種は受けられるのか

予防接種はインフルエンザに対する抗体を作って、
インフルエンザに感染しても、
発症や重症化をさせないために行うものですよね。

子供だと予防接種は1回だけでなく、
4週間ほど置いてからもう一回、
合計2回打つことになります。

これは、1度目から時間を置いて、
予防接種することでブースト効果(免疫増幅効果)により免疫力を高めるためです。

 

じゃあ、潜伏期間中に予防接種を受けることは出来るんでしょうか。

これは特にNGとはされていません。

 

でもインフルエンザの潜伏期期間が1日~3日に対し、
予防接種してからその効果が出るまでは、
大体2週間はかかるんです。

つまり、潜伏期間に予防接種をしても、
特に問題はありません
が、
結局はその時にかかっていたインフルエンザには、
発症してしまう場合が多いというわけですね。

インフルエンザの潜伏期間中の予防接種でも効果はある!?

インフルエンザ

インフルエンザの潜伏期間は1~3日です。

ヘタするとかかった初日に発症なんてことも。

これは、他の感染症に比べてるととても短いですよね。

それは、なんといってもウイルスの増殖のスピードが速いからなんです。

 

インフルエンザの潜伏期間中は、
自覚症状がほとんどありません。

そのため、発症してはじめて、
インフルエンザに感染していることに気付くというケースも多いです。

インフルエンザは潜伏期間から既に感染力を持っていて、
家族など身近な人がインフルエンザを発症したら、
潜伏期間中に接触したことで自身も感染してしまう可能性は高いです。

 

では、潜伏期間中の予防接種は効果があるのでしょうか?

インフルエンザの予防接種には、
発症を防ぐ効果と、
発症しても症状が重くなることを防ぐ効果
があります。

 

ただ、インフルエンザワクチンの効果が現れるのには、
予防接種してから約2週間後です。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日間。

潜伏期間中に発症を防ぐ目的で、
予防接種をするとしたら効果的ではありません。

 

ですがそれ以降のインフルエンザに対しては、
ワクチンの効果は期待できます。

1シーズンにかかるのは1度とは限らないインフルエンザ。

かかると辛いし長いしで、
できることならインフルエンザになりたくないですよね。

さいごに

インフルエンザの予防接種

毎年冬になるとインフルエンザのニュースが流れます。

子供はかかりやすいので親御さん心配ですよね。

予防接種だけじゃなくて、
日ごろの手洗いうがいなどを徹底して、
しっかり予防していきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ワーママの茉莉花です!
子育てや家事の中で日々いろいろ悩んだり迷ったりしています。そんな経験がちょっとでもお役に立てばいいなって思います♪

目次
閉じる