カーテンの洗濯が自宅でやれちゃう方法はこれ!柔軟剤もポイント高し!

カーテン

一人暮らしを始めると、
いろいろと初めてやることがあって戸惑うことも多いですよね。

その一つがカーテンです。

 

カーテンって、
普段は家具と同じように何気なく使っていると思います。

ですけど、梅雨の時期や冬の結露の溜まる時期になると、
ふと気が付くとカビが生えていることも。

もちろん見た目はきれいでも、
実際にはほこりなどを吸って汚れているのです。

 

カーテンというと、
クリーニングに出さないときれいにならないと思いがちですが、
なんと言ってもお金がかかりますよね。

でも、カーテンは自宅でも洗濯することが出来るんですよ。

ここではカーテンを家庭で洗濯する方法をご紹介します。

カーテンの洗濯を自宅でする方法

まず、カーテンを自宅で洗うためには、
カーテンについている洗濯表示を確認する必要があります。

カーテンの中には自宅で洗濯できるものと、
できないものがあるので注意してください。

もしも洗濯できないマークがついていたら、
クリーニング屋さんに相談しましょう。

 

手洗いや洗濯機で洗える表示があれば、
自宅で洗うことが出来ます。

カーテンが自宅で洗えることがわかったら、
洗濯する前に気になる汚れは前もって落としておきましょう。

タオルに熱湯をつけてこするとカビなどは意外と落ちますよ。

 

そして、後はカーテンを洗濯機に入れて、
洗剤・柔軟剤を入れて洗うだけです。

もちろん洗濯表示に手洗いやドライ洗濯の表示があれば、
表示通りに洗濯をします。

まあ手洗い表示は洗濯機の手洗いモードなどでOK!

 

洗濯機にカーテンを入れる時には、
直接入れずに洗濯ネットに入れることも忘れないでくださいね。

ただこの時にキレイに折りたたんで入れると、
洗える部分が限られるので軽く丸めて入れるようにしましょう。

ギュウギュウに入れるのはNGですよ!

カーテンの洗濯に柔軟剤を使ったときのメリットはこれ!

カーテンを洗濯する際に、
柔軟剤は入れても大丈夫かどうか不安になることもあると思います。

柔軟剤は入れても入れなくてもかまいませんので、
お好みで入れるようにしましょう。

 

しかし、カーテンを洗濯する際に柔軟剤を使うと、
様々なメリットがあります。

一つ目。

カーテンを元に戻したときにいい香りが部屋に充満するという事。

カーテンは軽く脱水したら、
直接カーテンレールにかけて干すようにします。

もちろんカーテンは室内に干されるので、
柔軟剤の良い香りが広がります。

 

二つ目。

さらに柔軟剤というと、
柔らかく仕上げるという効果があると思われがちですが、
なんとそれだけではありません。

実は、柔軟剤には他にも、
静電気を抑える効果やしわを防ぐ効果も期待できるのです。

つまり、カーテンを洗うときには柔軟剤は使用した方が、
たくさんのメリットを得ることが出来るのです。

まとめ

特に初めて一人暮らしを始める場合、
実家で普段やっていなかったことをやるときには戸惑うことも多いもの。

特にカーテンは頻繁に洗うことがないので、
どうすればいいのか戸惑いますよね。

カーテンは実は自宅で簡単に洗うことが出来るのです。

ぜひカーテンは自宅でお手軽に定期的に洗ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる