自宅でできるワイシャツの襟の黄ばみを簡単に落とせる洗い方!

ワイシャツの洗い方

「結婚生活は甘いもんじゃない!」

そうつくづく思います。

 

毎朝、ダーリンを送り出してから家事をスタート!

家事って程よく手を抜いた方が、
上手くいくことに最近気付きました。

それを、いかに

「あたし、家事頑張ってます!」

とダーリンにアピールするかにかかってたりするんですね。

 

でも、先日旦那さんに、
ちょっと文句を言われました。

それは、ワイシャツの洗い方。

「ワイシャツの襟の黄ばみが落ちてなかったよ」

と言われたんです。

ダーリンは営業職。

白いワイシャツにスーツ姿でお得意様を回る日々。

そんな白いワイシャツに黄ばみがついていることで、
一気に不潔感が出てしまうのが理由みたいなんです。

それでダーリンの仕事に支障が出るのは問題だけど、
そんなに気になるもの?

 

とは言え、あまり家事に干渉してこないダーリンが、
ワイシャツの襟の黄ばみに対しては、
文句を言ってきたのだから、
相当気にしているってことなんでしょうね。

これはなんとかしてあげなきゃ。

 

でも、毎回、毎回クリーニングに出すのは、
経済的負担になるし、
かといって、襟の黄ばみで新しいワイシャツを買うなんて、
今の経済状態じゃ選択肢には入れられないですもん。

お金のやりくりも主婦の仕事なのだから実際はシビア。

 

じゃあ、ワイシャツは本格的に、
つけ置き洗い?とか、
揉み洗い?してから洗濯機に入れるようにしなければならないわけですか。

でも、元来が面倒臭がりやの私に、
つけ置き洗いだの、揉み洗いだの、
毎回出来る自信がありません。

誰かワイシャツの簡単キレイに洗える方法教えて!

「ヘルプミー!!」

 

という嘆きが聞こえてきたのでお応えしましょう!

ワイシャツの黄ばみを簡単に落とす洗い方をご紹介しますね♪

ワイシャツの襟の黄ばみの原因

新米主婦さんに、
簡単キレイなワイシャツの洗い方を教える前に、
どうして、ワイシャツの襟が黄ばんでしまうのか、
その原因からお話ししていきます。

原因がわかると洗い方も自然と納得できますよ。

 

ワイシャツの襟が黄ばむ原因は、
皮脂汚れ
だということ。

人は汗をかくと同時に皮脂も出しています。

通常のお洗濯で取り切れないのが皮脂。

皮脂は時間と共に酸化していきます。

そうすると、襟の繊維に皮脂汚れが絡みついてしまい、
黄ばみとなってしまう
んです。

 

それと同時にホコリや土などがワイシャツに付着して、
黒ずみの原因
にもなってしまいます。

黄ばみや黒ずみは時間が経つと、
余計に落ちにくくなります。

ですから、黄ばみの初期症状が出た段階で、
黄ばみ洗いをしていかなければなりません。

 

皮脂汚れ以外にも紫外線が原因になったり、
髪の毛にワックスやジェルをつけいているだけでも、
汚れや黄ばみの原因になります。

 

ここで、気付いてほしいのが、

皮脂=油

ということ。

油ですから水に溶けにくいんですよね。

油を落とす条件として、
水温を40~50度にしなければならないので、
洗濯機の水ではなかなか落ちにくいことになります。

自宅でワイシャツの襟の黄ばみを簡単・キレイにする洗い方

ワイシャツの襟の黄ばみの原因が分かったところで、
いよいよ本題です。

黄ばみの簡単キレイにする洗い方を披露しましょう。

 

洗い方には4つの方法があります。

用意するものは、

  • 食器用洗剤
  • クレンジングオイル
  • 重曹・クエン酸
  • セスキ炭酸ソーダ

です。

どれも100均で買えるものばかりで、
手に入れやすいものですよ。

それぞれの落とし方を見て行きましょう。

食器用洗剤

皮脂汚れは「油汚れ」と同じなこと覚えてますよね。

だからこそ、油を落とす食器用洗剤が最適なんです。

  1. ワイシャツの首周りを濡らします。
    ぬるま湯を容器にためて
    ワイシャツの首回りを軽く浸します。
  2. 食器用洗剤を直接首回りに塗ります。
    量が多すぎると色落ちの危険あり。
  3. 優しく揉み洗いする。
    強く擦り合わせると生地が傷むので、
    優しくというのがポイント。
    優しくこすれば歯ブラシを使ってもOK。
  4. 普通に洗濯します。

クレンジングオイル

お化粧を落とす時のクレンジングオイルです。

普段クレンジングにオイル系を使用していない場合は、
他の方法でもいいですし、
プチプラのものを洗濯用に購入するという手もありです。

  1. 首回りにクレンジングオイルを直接塗ります。
    乾いた状態のままでOK。
  2. 優しく揉み洗いします。
  3. お湯で軽く流しましょう。
  4. 普通に洗濯します。

重曹・クエン酸

  1. 重曹ペーストを、首回りに塗ります。
    ※重曹ペースト
    (水250ml : 重曹小さじ1)
  2. クエン酸スプレーを吹きかけます。
    ※クエン酸スプレー
    (水100ml : クエン酸小さじ1/2)
    吹きかけると中和反応で発泡していきます。
    その泡が汚れを落としてくれます。
  3. 時間がたったら軽く揉んで
    普通に洗濯します。

セスキ炭酸ソーダ

  1. 水500ml : セスキ炭酸ソーダ小さじ1を混ぜて、
    スプレー容器へ入れます。
  2. ワイシャツの首回りに、
    セスキ炭酸ソーダスプレーを吹きかけます。
  3. 20分放置。
  4. 時間がたったら軽く揉んで、
    普通に洗濯します。

 

どの方法も簡単にほんの一手間でできるものです。

洗濯機に放り込む前に、
ちょっとだけ手をかけるだけで、
襟の黄ばみがキレイになりますよ。

まとめ

ワイシャツ

面倒臭がりの新米主婦もこれだけ簡単な作業なら、
簡単にできそうだと思いませんか。

食器用洗剤やクレンジングオイルとは、
目のつけどころが違うでしょ♪

皮脂=油

という図式を考えて浮かんだものです。

家にあるものでちょっと手間をかけるだけで、
ご主人の気にしている、
ワイシャツの襟の黄ばみを消す、
そして作らせない。

といった対策が出来ると思います。

ワイシャツは季節関係なく1年中着ているものです。

ワイシャツの襟の黄ばみで
お悩みの全ての主婦のみなさま、
ぜひ試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる