仙台七夕祭り2017年に行くなら日程や笹飾りはしっかりチェック!

仙台七夕祭り

今年は仙台の七夕祭りに彼女と行こうと、
計画している男性も多いのでは?

夜だし、
お祭りだし、
浴衣なんか着て、
手をつないで歩くだけでも、
十分雰囲気のあるデートになりますよね。

 

デートで大切なのは入念な下調べ。

何も決めないで現場に行くと、
実はやっているイベントや、
花火を見逃す恐れがありますよ。

彼女の美しい浴衣姿と、
彼女の素晴らしい笑顔を見るために、
彼氏はしっかりと下調べをしておきましょう。

仙台七夕祭り2017年の日程

2017年の仙台七夕祭りは、

8月6日(日)~8月8日(火)

となっています。

 

初日は日曜日なので、
今年は例年以上に混み合う合う可能性がありますね。

ですが、仙台の七夕祭りは、
混み合うこともお約束だったりしますので、
混雑だって楽しむくらいの気持ちが必要ですよ。

 

あの天まで届きそうな、
大きな吹流しをくぐりながら、
アレコレ、色とりどりの飾りを見て歩くだけで、
彼女は満足してくれるかも知れませんね。

ただ、写真を撮るタイミングは混雑もありかなり難しいです。

ですが、今時の子はスマホの写メなんてお手のもの!

思い出に残る鮮やかな飾りの下で、
写メをがんがん撮っちゃって下さい。

吹き流しとの自撮りも思い出になりそうですよ。

 

ただ、ちょっと気になったのは、
どうして、七夕は7月7日なのに8月に行われるのでしょうか?

もしかして、子どもたちの夏休みに合わせたの?

 

いえいえ、そんな単純な意味なわけないじゃないですか!

七夕は中国から伝わったものなので、
昔の中国の旧暦に合わせて、
7月ではなく8月にしているんです。

あれ?これも単純な意味でしたね。

仙台七夕祭りは笹飾りが見どころ!丸飾りの意味は?

歴史ある仙台の七夕祭り。

華やかな七夕飾りは見どころがたくさんあります。

笹飾りは10メートル

笹飾りと呼ばれる七夕飾りは、
高さ10メートルほどの吹流し型で、
5本で1セットとなっています。

どれももちろん手作りで、
笹飾りに参加する商店や企業が、
半年前から準備しているだけあって、
それはそれは見事な笹飾りになっています。

その商店、企業ならではの独自の笹飾りですから、
世界観を盛り込んでいます。

ですから、笹飾りを見ただけで、
どの方やどのお店が作ったものかを、
当てちゃうことも出来るんです。

 

ただ、笹飾りは雨に弱いので、
あまりにひどい雨ですと、
笹飾りは片付けられることもあります。

当日の晴れを祈って、
彼氏はてるてる坊主でも作っておきましょう。

丸飾りは祈りの象徴

そんな笹飾りの最大の特徴と言えば、
頂点の部分の丸いくす玉(丸飾り)があることです。

仙台七夕丸飾り

これにはきちんとした意味があります。

丸いくす玉は、
故人の霊を慰めるためのもの
なのです。

 

七夕祭りの初日は必ず、

8月6日(日)です。

この日が何の日だかお解りですか?

広島の原爆投下の日です。

 

七夕祭りも戦争のために中断したという歴史もあり、
今も震災からの復興を願って続けています。

平和と復興の想いと願いと祈りが、
笹飾りのくす玉には込められているんですね。

まとめ

彼氏君、いかがでしたか?

少しは下調べのお役に立てましたでしょうか。

彼女と一緒に七夕祭りなんて、
本当に羨ましい限りです。

あの独特の雰囲気の中では、
かなりテンション上がりますよ!

二人にとって素敵な思い出になるといいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる