夏風邪の症状って普通の風邪と違うの?大人の治し方を知っておこう

夏風邪

毎日、忙しく働くサラリーマンの皆さん、
お疲れ様です。

もうすぐ季節は夏。

楽しい旅行の計画など、
夏が待ち遠しい方もいらっしゃいますよね。

 

その反面夏は体力を奪われますので、
夏風邪になる人が意外と多いんです。

ですが、夏風邪くらいで会社を休むのは、
ちょっと抵抗があるというのが、
サラリーマンの現状でしょう。

 

夏風邪は冬の風邪に比べて長引きやすく、
なかなか治りにくいと言われています。

しんどい中会社へ行っても、

「周りの人に迷惑をかけてしまうのでは?」

と思ってしまうかもしれませんが、
会社を休む勇気も必要です。

 

冬に風邪を引くと、
インフルエンザかな?風邪かな?
など大体の検討がつきますし、
医者に行ってインフルエンザだったら、
的確な治し方もありますよね。

ですが夏風邪は、
冬のインフルエンザのように効果的な薬がないこと、
細菌と戦ってくれる抗生物質もないことで、
長引いてしまうのです。

ならどう治せばいいのでしょうか?

今回は夏風邪の治し方をみていきましょう。

夏風邪の症状はお腹に注意

夏風邪の代表といえば、
「発熱」「喉の痛み」です。

ですがウィルスによっては、
下痢・腹痛という症状が現れる場合があります。

どうしてお腹にくるのか?

それは、身体の防御反応の一つだと言えるんですね。

 

どういうことかと言えば、
体の中に侵入したウィルスを、
便と一緒い体から追い出そうとしているからなんです。

この時に下痢に見舞われることがありますが、
下痢止めは飲まないようにして下さい。

 

下痢止めを飲んでしまうことで、
原因菌を腸内に留めてしまうことになってしまうんですね。

ウィルスの排出が遅れれば、
当然、夏風邪も長引かせてしまう原因になります。

下痢の症状が出た場合は脱水症状を起こしやいので、
水分補給をしっかりしましょう。

喉が渇いたと感じられなくても、
こまめに飲むことが大事です。

その際はスポーツドリンクがいいですよ。

 

私は以前、

「下痢は冷えているからだよね」

と勝手に思ってしまい、

「体を温めなくちゃ」

と、下痢になると熱いお茶を飲んでいました。

これが逆に悪かったようで、
余計下痢をしました。

病院でお医者さんに、

「お茶やコーヒーには利尿作用があるからスポーツドリンクがいいですよ」

と聞いて、
自分だけの知識でケアするのはよくないことを学びました。

夏風邪は大人もきちんと治さないと長引きます

先ほども言った通り、
夏風邪は治りにくいので長引いてしまいます。

では夏風邪を治すには、
いったいどうしたらいいのでしょうか?

 

まず第一に大事なのは、
体力や免疫力をつけることです。

だからと言って、

「よ〜し、しっかり食事を摂って体力をつけるぞ」

というのは夏風邪で弱っている時には、
ちょっと厳しいし無理な話しですよね。

例えばまだ独身の男性の場合だと、
簡単なお粥を作るのでさえしんどいと思います。

 

ではここで言う第一というやつは、
睡眠をとるということに変更させて下さい。

睡眠を十分にとって体を休ませる。

これは、大人も子供も同じですね。

夏風邪

冬の風邪の場合には、
よく汗をかかせて熱を下げようとしがちですが、
これって実はよくないことだというのが最近の定説ですよね。

夏風邪の場合、
熱だけでなく気温の暑さでも苦しめられます。

よく眠らないといけないのに、
暑くて寝られないなんていうことは避けるべき。

その場合はもう「エアコン」使っちゃって下さい

冷やし過ぎはもちろんNGですが、
高めの温度設定でエアコンを上手く使っていきましょう。

まとめ

子どもの夏風邪と大人の夏風邪は、
免疫力の違いで子どもの方が夏風邪になりやすいです。

ですが、大人になっても夏風邪はツライものですよね。

 

夏風邪はちょっと弱った体に、

「しめしめ、こいつ弱ってるぜ。ヘヘヘ」

と侵入してきます。

普段からの予防が大事になってきますので、
小さい頃からお母さんに口を酸っぱくして言われていた、
手洗い、うがいは、
大人になっても大事な予防法ですよ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる