熱中症の初期症状をきちんと知らないと対処も処置もできません!

熱中症

夏になると、気温も高く湿度も上がるため、
熱中症にかかりやすい時期ですよね。

しかし、熱中症といっても、
どのような症状が現れるのかいまいちわからない、
という人もいるのではないでしょうか?

 

夏の暑い時期、
なんか具合が悪いなと思っていたら、
実は熱中症にかかっていたなんて言うことも。

 

熱中症は症状によっては命に係わることもある恐ろしいものです。

そうならないためにも、
きちんと熱中症の初期症状を知っておくことが大切です。

 

今回は、熱中症の初期症状と、対処法についてご説明いたします。

熱中症の初期症状とは?

では、まず熱中症の初期症状から見ていきましょう。

熱中症の初期症状として現れるのは、

  • めまい
  • 喉が渇く
  • たちくらみ
  • 手足の痙攣
  • 顔色が悪い

このようなものです。

 

はっきり言って、
どれも普段ちょっと体調を崩したときに起こりうる症状でもありますよね。

だからこそ、熱中症の初期症状はわかりにくく、
対処せずに悪化させてしまうことが多い
のです。

 

もしも夏の暑い時期にこれらの症状が出た場合、
まずは熱中症を疑いましょう。

熱中症の初期症状だと感じたら対処や処置はこうしよう

では、もしも熱中症の初期症状だと疑われる症状が現れたら、
どう対処すればいいのでしょうか?

 

まず大切なのは身体を休ませることです。

 

屋外であれば、日陰など比較的涼しいところに移動しましょう。

室内なら、部屋の湿度や室温をさげる、窓を開けて空気の流れを作るなどします。

 

そして次に体を冷やすようにします。

濡らしたタオルや保冷剤を大きな動脈のある首や足の付け根などにあてて、
血管から身体全体を冷やすようにします。

 

さらに大切なのが、水分補給です。

熱中症の原因の一つが身体の水分不足です。

ただ、大量の汗をかいている場合には、
体内から水と一緒に様々な栄養が汗とともに流れてています。

水だけで水分補給をしてしまうとけいれんが起こることも考えられます。

出来れば、スポーツドリンクや経口補水液・麦茶など、
栄養補給が出来るようなものを飲むようにしましょう。

 

もしも水しかない場合には、
合わせて塩をなめる・梅干し、レモンを食べるなどして、
栄養を補給するといいですよ。

まとめ

熱中症というのは重度になると命のもかかわる恐ろしいものです。

しかし、初期症状はただの体調不良とそう変わらないため、
気づかないうちに熱中症が進んでしまうという事が少なくありません。

特に暑くてジメジメした日は、
屋外だけではなく室内でも熱中症にかかる可能性があります。

もしも少しでも、

「熱中症かな?」

と思ったら、
すぐに対処・処置をするようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる