夏の暑さで赤ちゃんが熱中症になるサインを見逃すな!予防も大事!

赤ちゃんの熱中症

夏になると、熱中症にかかる心配が出てきますよね。

特に小さな赤ちゃんがいるママは、
赤ちゃんが熱中症にかからないか、
とっても心配になると思います。

だけど、赤ちゃんは自分で体調の変化を訴えることが出来ません。

ここでは、赤ちゃんが熱中症なるサインの見極め方や、
熱中症の予防方法について見ていきましょう。

夏の暑さで赤ちゃんも熱中症になる危険があるからサインに注意!

暑い時期、大人ももちろん熱中症にかかりますが、
それよりも熱中症にかかりやすいのが赤ちゃんになります。

なぜなら、赤ちゃんは体温調節がうまくできないからです。

 

さらに、ベビーカーに乗せていると、
コンクリートの道路からの放射熱で大人以上に暑いもの。

でも、赤ちゃんは熱中症にかかりそうになると、
きちんとサインを出しているのです。

 

ではどのようなサインを出しているのでしょうか?

まずは、のどが渇くという事。

これは大人と同じですが、
赤ちゃんは言葉で話すことが出来ないので、
きちんと見極めてあげることが大切です。

 

他にも、頬が赤くなっていたり、
元気がなくぐったりしている、
おしっこの量が少ないという、
さまざまな症状があります。

こんな場合、
赤ちゃんは熱中症にかかりやすい状態になっているので、
ママは注意してみてあげましょう。

赤ちゃんが熱中症にならないようにしっかり予防してあげましょう♪

赤ちゃんの熱中症は、
ママがしっかりと見てあげることできちんと防げることが出来るもの。

では、赤ちゃんが熱中症にならないためには、
どのような方法があるのでしょうか?

 

まず必要なのは、
暑い時間には赤ちゃんを散歩などには出さないという事です。

とは言っても、熱中症が心配だからと言って、
全く赤ちゃんを夏の時期に外に出さないのも身体作りにはよくありません。

そんな時には、夏の間で最も暑い昼間の時間帯を避け、
朝の涼しい時間や、夕方の時間などにお散歩をすることをお勧めします。

そして、お散歩をするときには、
日よけをつけて常に涼しい環境づくりをしてあげたり、
飲み物を持ち歩き、少しずつ水分補給をしてあげることも大切です。

 

また、涼しい時間とは言っても、
長時間歩きっぱなしでは赤ちゃんも疲れてしまいます。

そうならないために、適度に日陰で休憩を取るようにしましょう。

 

実は、赤ちゃんに限らず室内でも熱中症にかかることがあります。

その為、室内でもきちんと室温の管理をしたり、
こまめに水分補給をさせてあげることも必要になってきます。

まとめ

夏の時期は、特に赤ちゃんにとっては熱中症にかかりやすい時期でもあります。

ですが、きちんとママやパパが気を付けてあげれば熱中症は防ぐことが出来ます。

屋外だけではなく、室内にいるときでも、
常に赤ちゃんからのサインを見逃さないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる