赤ちゃんの咳が止まらない原因は?慌てないために対処法を知ろう

赤ちゃんの咳

赤ちゃんととも親になっていく新米ママは、
まだまだ知らないコトばかり。

だから、赤ちゃんが咳をしたりするだけで、

「何の病気?」

と心配してしまいます。

 

赤ちゃんはまだ自分の意志を、
泣くことでしか伝えられません。

ですから、ママは余計心配になってしまうのです。

 

赤ちゃんの咳が止まらなくて、
オロオロした経験のあるママもいるのではないでしょうか?

そういう時はつい、
物事を悪いほう、悪いほうへ持っていきがちです。

咳が止まらないだけで、

「悪性の病気かも!?」

なんて、大袈裟でなくて本気で心配してしまいます。

こんな時、

「ママが出来ることってあるの?」

と不安になりますよね。

 

でも原因と慌てずに対処する方法を知っておくことで、
ちょっとは安心できます。

大切なのは慌てずにしっかり赤ちゃんの状態を見ることなんですよ。

赤ちゃんの咳が止まらない場合の原因はいくつかある

赤ちゃんの咳の原因はもちろん病気もありますが、
その他、部屋のほこりや空気の乾燥が原因でも起こり得ます

咳は喉や鼻水といった異物を、
外に出そうとして反射的に起こる症状で、
赤ちゃんの場合はさらに空気の通り道が狭いので、
小さな異物でも反応してしまうのです。

 

赤ちゃんの咳で考えられる病気をいくつか挙げてみました。

〇肺炎

発熱、咳、呼吸困難があり、
咳と高熱が4日以上続く時は、
肺が炎症を起腰ている可能性があります。

〇気管支炎

ウィルスや細菌などによる感染が原因で、
気管支に炎症が起こります。

発熱、咳、鼻水といった症状が出て、
風邪が悪化してかかることもあります。

〇小児気管支ぜんそく

ゼーゼー、ヒューヒュー、
といった咳音がしている場合は、
小児気管支ぜんそくの可能性があります。

小児気管支ぜんそくは、
約80%が3歳までに発症すると言われています。

そのうち、6~7割が、
アレルギーが原因とされています。

〇百日咳

咳、鼻水、くしゃみから始まり、
顔を赤くして咳き込む発作が、
1~2ヵ月続くのが特徴。

初期症状が風邪と似ているので、
気を付けて観察することが必要です。

赤ちゃんの咳が止まらない場合の対処法

では、赤ちゃんの咳が止まらない場合は、
ママは何をしてあげられるでしょう。

赤ちゃんが少しでも楽になれように、
ママが出来る対処法を挙げてみました。

〇鼻水をこまめにとってあげる

鼻水が出ている場合、
鼻水が喉に落ちて気管を塞いでしまうことで、
咳が出ることがあります。

鼻吸引機や口で、
こまめに鼻水をとってあげましょう。

〇湿度を上げる

空気が乾燥することで、
咳が乾いて痰が出にくく、
絡みやすくなります。

加湿器や濡れタオルを干すなどして、
湿度を調節してあげましょう。

〇水分を多くとらせる

喉を直接潤してあげることも大事。

常温の水やお茶、母乳、ミルクなどで、
水分を多くとらせてあげましょう。

〇上半身を高くして寝かせる

鼻水や痰が詰まってうまく寝られない時は、
枕を少し高くして気道を確保してあげると、
呼吸が楽になります。

まとめ

赤ちゃんの咳が止まらない時は、
ママは慌てず冷静に対処してあげましょう。

とは言いながら、
咳をしている赤ちゃんを前にすると、
心が痛くなりますよね。

咳は大人でも辛い症状の1つです。

辛いとまだ自分で訴えられない赤ちゃんは、
ママが頼り。

ママの体温を感じるだけで赤ちゃんは安心しますので、
咳が止まらない時はそばにいて、
体をさすってあげたりする
ことも、
ママに出来る精一杯のことだったりします。

 

咳が単発ではなく何度も出るようなら、
病院で診てもらうことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ワーママの茉莉花です!
子育てや家事の中で日々いろいろ悩んだり迷ったりしています。そんな経験がちょっとでもお役に立てばいいなって思います♪

目次
閉じる