赤ちゃんの湿疹が顔にできる原因は?ママにできる対処法はある!?

赤ちゃん

天使のような寝顔ですくすく育っている、
我が子を見るのが至福の時。

「ちょっと待って〜!私の天使に異変が!?」

まだ3ヵ月の私の赤ちゃん。

顔に何やら湿疹のようなものができているんだけど!

 

どうして?

何で?

どうしたらいいの?

 

しかも、そういうときに限って、
病院が休みの日だったりするんですよ。

救急車を呼ぶような病気じゃないだろうし。

だったら、家で対処するしかないけど、
どうしたらいいのか分からない。

でも、パニクってはいられないです。

ママは冷静に対処法を見つけることが大事。

赤ちゃんの顔の湿疹ができる原因と、
その対処法をしっかりとご紹介しますので参考になるといいなぁ。

赤ちゃんの湿疹が顔にできる原因はこれ

赤ちゃんの顔に湿疹ができることは、
決して珍しいことではありません。

言い変えればよく起こることなんです。

 

赤ちゃんの顔にできる湿疹は、

「乳児湿疹」

と呼ばれるもの。

どのような症状かといいますと、
赤いブツブツでかぶれやニキビのようなものです。

 

その中でもさらに2つの種類に分けられます。

脂漏性湿疹

これは赤ちゃんの肌トラブルの代表格と言える湿疹です。

生れてから2週間を過ぎた頃から、
現れる湿疹なんですね。

顔や頭部に黄色っぽい、
かさぶたのようなものが出来た
としたら、
それは脂溶性湿疹です。

 

見た目もそんなに痛々しくはありませんし、
痒み自体もあまりないので、
ママが気付いたら早めの対処をしてあげましょう。

実は赤ちゃんは、
ママの女性ホルモンの影響を受けて、
皮脂の分泌が活発になっています。

ですから、過剰な皮脂が、
赤ちゃん自体のお肌や毛穴に詰まることで、
湿疹が出来てしまうのです。

新生児ニキビ

ニキビって思春期だけに出来るわけじゃないんです。

赤ちゃんの頃に経験することもあるんですよ。

 

症状はその名の通り、
ニキビと同じく赤いブツブツが出来ます

その中には化膿して、
白い芯があるケースもあります。

この新生児ニキビも痛み、痒みがないので、
赤ちゃんは元気だけど、
お肌は傷めてしまっているのです。

 

この新生児ニキビの原因は、
皮脂の分泌が多いことが原因です。

赤ちゃんの湿疹が顔にできたら対処法はまずこれから

湿疹の対処法は保湿

いくら、痛みや痒みがないからと言っても、
自分の赤ちゃんの顔に、
ボツボツが出来てしまっているのを、
放っておくわけにはいかないですよね?

赤ちゃんの顔の湿疹の対処法は、
どんなものがあるのでしょうか。

 

まず、顔を洗う時は、
ベビー石鹸など刺激の少ないものを使って、
キレイに洗ってあげましょう

そして、洗ってあげたらしっかりとすすぎます

石鹸が残っていると、
炎症の原因となってしまいますからね。

顔をお湯で流しづらい場合は、
濡らしたガーゼで赤ちゃんの顔を、
優しく拭き取ってあげます。

最後に保湿をしっかり行うこと。

 

  1. 優しく洗う
  2. しっかりすすぐ
  3. 丁寧に保湿する

このスリーステップが大事なのでお忘れなく!

 

保湿は、お風呂や顔を洗った後すぐに行います。

ワセリンや馬油を使ってあげるといいでしょう。

大人と違って保湿ローションなどを使うのは、
このときは避けておくことをおすすめしますよ。

皮脂を洗い流して保湿をしてあげないと、
お肌は乾燥してしまいますので、
しっかり潤してあげてくださいね。

 

その他に赤ちゃんの顔に湿疹を作らせない方法は、
赤ちゃんが汗をかいたら、
すぐに拭いてあげることは大事です。

ウェットティッシュや汗拭きタオルを、
常備しておくといいですね。

 

また、赤ちゃんの爪を切っておくことも、
大切なポイントなんですよ。

痛みや痒みはなくても、
赤ちゃんが気になって引っ掻いたり、
擦ったりしてしまうと炎症を起こしてしまいます。

ですから、爪も小まめに切っておきましょう。

切る時は丸く切ってあげると、
肌に傷をつけにくいのでいいですよ。

それでも、掻いてしまうようでしたら、
ミトンを付けるのも対処法としてはありですね。

 

赤ちゃんのお肌はとってもデリケートです。

ですから、決して市販のお薬を、
勝手に塗ってしまうのはNGですから!

病院に行ってお薬を処方してもらいましょう。

まとめ

赤ちゃんの湿疹

知人の子供が生まれて数ヵ月したころ、
赤ちゃんの顔に湿疹が出来たんです。

知人はもう慌てて病院へ連れて行きました。

ですが、お医者さんの対応は、
思い切り塩対応だったそうなんです。

「こんなの赤ちゃんに出来るのは、珍しくもないですよ」

病院へ来るまでもないくらいだと言われちゃいました。

 

ですが、新米ママは赤ちゃんの異変に、
とても敏感になりますよね。

病院の先生にとっては何千人と診てきた、
ありふれた症状かもしれませんが、
こっちは必死ですよ!

だって初めてなんですもん!

 

育児書通りにいかないのが子育てですよね。

色んなケースに出逢って、
その度に奮闘して、
赤ちゃんもママも成長していくんですね。

赤ちゃんに負けないように成長したいな♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ワーママの茉莉花です!
子育てや家事の中で日々いろいろ悩んだり迷ったりしています。そんな経験がちょっとでもお役に立てばいいなって思います♪

目次
閉じる