インフルエンザの予防接種は赤ちゃんにした方がいい?副作用が気になる

インフルエンザ ウィルス

子供を持つ親としては、
子供の突然の病気は本当に怖いです。

特に、これからのシーズン多くなるインフルエンザ。

毎年多くの学級閉鎖などのニュースが取り上げられます。

 

赤ちゃんは6ヵ月から、
インフルエンザの予防接種を受けられますが、
何が怖いってインフルエンザの予防のはずが、
逆に予防接種で副作用が出てしまうことです。

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種は、
するべきなのか、副作用はどうなのか気になるママに、
こっそりお教えしちゃいます。

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんに効き目があるのか

インフルエンザは一度かかっても、
同じシーズンにまた違う型にかかったり、
毎年かかることってありますよね。

私はありますよ!

「だったら予防接種しないでも同じじゃない?」

と思うかもしれませんが、
インフルエンザにかかると最悪とはいえ、
脳炎や肺炎を起こしやすいという難点があるのです。

それを、インフルエンザの予防接種をすることで、
重症化することを予め予防することが出来ます

それが、インフルエンザの予防接種をすることの意味です。

 

赤ちゃんの場合は6ヵ月から、
インフルエンザの予防接種が受けられるようになります。

6ヵ月以前の赤ちゃんは予防接種しないで大丈夫なの?

実は1歳未満の赤ちゃんまでは、
ママから受け取った免疫が期待出来るので、
逆に、パパママが予防接種をきちんと受けて、
かからないようにしていることが望ましいわけです。

 

ここで、きちんと知っておいて欲しいのは、
インフルエンザの予防接種を受けたら、
100%インフルエンザにかからないというわけではないということなんです。

インフルエンザワクチンは、
ウィルスのやつにはやはり勝てないのが事実です。

ですからインフルエンザにかからないようにする、
というよりはインフルエンザへの、
免疫をつけるための予防接種だと思って下さい。

 

インフルエンザの予防接種を受けることで、
もし、インフルエンザにかかってしまっても、
重症化することを予防してくれるというわけです。

とは言え、実際問題予防の効き目は、
他のワクチンに比べるとそれほど高くないのが本音。

それでも毎年流行りそうな型の予防注射を受けるんですよね。

実際6歳未満の子供の効き目は20~30%、
1歳未満では10%未満です。

これほど効き目が弱いのに、
予防接種をする意味はあるのか?

という疑問は常にあるんですよね。

でもやっぱり重症化が怖いし、
受けておけばかかった時に軽くて済むという利点は捨て切れませんよ。

インフルエンザの予防接種を赤ちゃんにした時の副作用は?

インフルエンザの予防注射

インフルエンザの予防接種は、
かからないためというよりも、
免疫をつけるために接種するということはお話ししました。

この免疫っていうのは、
人間が本来持っている免疫反応を利用するんですが、
免疫がつく以外の反応、
つまり副作用が起こることがどうしてもあるのは避けられないんです。

 

例えば、接種した部位の赤み・腫れ・痛みは、
接種した人の10~20%の人に起こります。

だいたい、2〜3日で消失します。

長いと4〜5日の場合もあるので、
1週間たっても消えないようなら、
お医者さんに相談しましょう。

全身に反応する場合は、
発熱・頭痛・寒気・だるさ・蕁麻疹・赤み・痒みが、
5〜10%の人に起こります。

こちらも、だいたい2〜3日で消失します。

発熱・頭痛・だるさは風邪?とも思いがちですが、
これも副作用の一種で放っておけば大体はほぼおさまります。

このような副作用は、
インフルエンザの免疫を作ろうと頑張っている証拠なんですね。

 

一番怖い副作用はアナフィラキシーショックです。

接種後、30分以内に起こることが多く、

高熱・痙攣・チアノーゼ・呼吸困難・意識喪失・嘔吐・下痢・顔が腫れる・全身蕁麻疹

これらの症状が出たらすぐに病院へ行きましょう。

また、インフルエンザの予防接種の副作用として、
インフルエンザにかかってしまうということはありませんのでご安心下さい。

あまりに接種後にだるくて、
副作用でインフルエンザになったかと思い医者に行ったら、

「インフルエンザの予防接種をしたことでインフルエンザにはなりません!」

と言われました。

 

結局のところ、生ワクチンは毒性を弱めた、
まだ生きているウィルスを接種することで免疫をつけているんです。

これに負けてしまうと、
副作用としての症状が現れるということなんです。

さいごに

インフルエンザの予防注射

赤ちゃんに予防接種を受けさせるには、
ある程度の副作用も覚悟しなければならないんですね。

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんに、
闇雲に予防接種を受けさせるのは、
それもまた赤ちゃんの負担が懸念されます。

 

インフルエンザの予防接種に関しては、
私も子供には小学校に上がるまでも毎年受けさせていました。

そのためか、小学生になるまで、
一度もインフルエンザにはらずにすみました。

ですから、インフルエンザの予防接種は、
一種の賭けのように私は思っています。

「かからなければラッキー!」

「かかったら軽くすんでラッキー♪」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる