子育ての大変でしんどい状況はいつまで続くの?楽しいのは何歳から?

子育て大変

子供が生まれるという事は本当にうれしいことですよね。

しかし、実際には出産した瞬間から、
子育てという大変な現実が待っているのです。

ママの中には、子育てがとても大変で、
子供を可愛いと思えずに自己嫌悪に陥ってしまうという事も。

 

ただ、子育てはいつまでも大変な時間が続くというわけではありません。

子供が大きくなってしまえば、
大変な時間は本当に一瞬なのです。

今回は、子育てはいつまで大変なのか、
そしていつから楽しみに変わるのかをお教えします。

子育ての大変なのはいつまでなのか 終わりはあるの?

子供が生まれることはうれしいことですが、
子供が生まれるとそこから、
24時間365日の育児が待っています。

そんな子育てがつらくて、
ノイローゼになってしまったりするママも少なくありません。

 

しかし、大切なわが子だからこそママも頑張るんですよね。

そんな姿をきちんと回りは見ていますし、
大変な子育てはいつまでも続くものではありません

最初は何もできない赤ちゃんも、
首が座ったり、
寝返りを打ったり、
ハイハイから一人歩きなど、
少しずつ成長していきます。

その一つ一つを見るたびに子育ての疲れが、
吹っ飛ぶのではないでしょうか?

 

しかし、イヤイヤ期が始まったり、
自分でどこへでもかってに行ってしまう等、
さらに大変なことは増えていきます。

 

総合的に考えると、ひとにもよりますが、
自分のことが自分ででき始める3歳くらいになると、
ママにも余裕が出来て、
子育てが楽になってくるという人が多い
ですね。

子育ての大変が楽しいに変わる時

では、次に子育てが大変から楽しいものに変わるときはいつなのかをご紹介します。

 

子育てを楽しいと感じるのは、
こちらの行動に対して返してくれたり、

子供の方から行動をしてくれる時ではないでしょうか?

例えば、言葉を少しずつ話し出すと、
とても楽しいと感じられるもの。

特に、一生懸命つたない言葉で話しかけてくれると、
こちらも返してあげたくなりますよね。

 

さらに、3~4歳くらいになると、
自分のことは自分でできるだけでなく、
幼稚園・保育園で学び、
お手伝いをしてくれるようにもなってきます。

そして、一緒にスポーツやゲームを、
楽しむこともできるようになってくるのがこの時期。

 

つまり、自分からこちらに働きかけてくれたり、
一緒に楽しむことが出来るものが増えると、
だんだん子育ても「大変」から「楽しい」に変わっていく
んです。

まとめ

子育て楽しい

初めてのお子さんの場合、想像していた子育てと違い、
可愛いというだけにはいかなくて、
とても大変な思いをしているママは多いもの。

毎日休みもなく終わりの見えないように感じられる子育てに、
ノイローゼになってしまうママも少なくありません。

 

しかし、そんな日々は永遠と続くわけではありません。

子供はすごいスピードで成長し、
いつの間にか自分のことは自分でできるようになります。

さらに大きくなれば、お手伝いもできるようになり、
逆にママを助けてくれるようになります。

 

本当に大変な時期は、
振り返ってみるとほんの一瞬だったりします。

今は大変でも、大変さはずっと続くことはないので、
それまでほどほどに頑張っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる