買い物に子供と行くと怪獣ぐずるんだーに変身!怒鳴らない対処法は?

ぐずるんだーを怒鳴らない

毎日の家事・育児の中で大変なことは様々ありますが、
一番、大変な思いをするというか、
ママ自身も疲れてきってしまうのが、
子供を連れて買い物に行った時の、

「買って!」
「買って!」
「これ欲し〜っ!」

の強烈なぐずりがやってきた瞬間。

 

私だって怒鳴りたくなんかないのに、
全然、言うことを聞かなくて、
泣き叫んで地べた泣きをされちゃうと、
もう周りの目も気になるし、
迷惑をかけてしまうので、
ついつい子供に怒鳴ってしまうんですよね。

これがあるので日々の買い物は憂鬱になります。

どうして子供は外で怪獣ぐずるんだーに変身してくれちゃうのか、
その対処法はどうしたらいいのかをご紹介します。

買い物先での子供はどうしてくずるの?

買い物に行くときって、
子供には、

「スーパー行くけど夕飯の買い物だけだからね。お菓子は買わないよ」
「今日はママの買い物でデパートに行くよ。でも、おもちゃは買わないからね。」

と、何度も念を押すとその場では

「分かった」

とういうような反応をしていても、
実際、スーパーやデパートに行って、
お菓子やおもちゃを目にしてしまうと、

「買って!」
「買って!」

攻撃が始まります。

「ダメ!」

と、そんなに厳しくじゃなくても言うと、
泣き叫んだり、地べた泣きをされて、
本当にママは困りますよね。

 

やっぱり子供は、
誘惑には負けてしまいやすいんですよ。

さらに、グズリ泣きをして泣き叫べば、
買ってくれると思っている子供も実際いるんです。

 

そこでママは、
絶対に買ってあげないことが大事です!

自分の思い通りにいかないことはある、
そう我慢することを覚えさせるためにも、
買ってあげないことが教育としては大事です。

 

1回甘い顔をすると、
次の時買ってもらえないと、
今まで以上にくずるようになってしまうことが多いんですよ。

そして、子供が落ち着いてきたら、

「欲しかったのに我慢出来て偉かったね」

と必ず褒めてあげましょう。

怒鳴らないで子供がぐずるのを止めたいときの対処法

ぐずるんだー

買い物で子供がぐずるのを止めさせたい時は、
買い物のルールを決めておくといいのではないでしょうか。

ルール1

お店の中で迷惑行為をした子供を、
その場で叱ったとしても、
子供は何故叱られるのか、
きちんと理解出来ていない場合があります。

この時、

「お店の人に怒られるから止めなさい」

という叱り方はNGですのでやめましょう。

 

ついつい怒鳴ってしまいそうになりますが、
冷静になって、

お店はどういう場所であるか。
他のお客様の邪魔になるような行為はどういうものか。

それを怒鳴らずに、
きちんと子供に説明してあげましょう

ルール2

出掛ける前に、

「今日は〇〇を買いに行くだけだからね」

と、子供には買い物の目的をはっきり言っておきます。

お店で、お菓子やおもちゃを見て、
これが欲しいとぐずり出したら、

「今日は何を買いに来たんだっけ?」
「今日は〇〇を買いに来たんだから、それ以外のものは買わないって言ったよね」

と、諭すように言ってあげましょう。

子供には買い物の目的をはっきりさせておくことが大事です。

ルール3

買い物先では、
子供にとって魅力的なものが、
たくさんありますよね。

ここで、おもちゃが欲しいとぐずり出したら、
一回、帰る、という選択肢もあります。

ママは必要なものを買えないですが、
あまりにぐずりが酷い時は、
もう、帰ってしまいましょう。

ルール4

ぐずりが我慢出来たら、

「今日は〇〇ちゃんのお陰で買い物がスムーズにいったよ、ありがとう」

と、ギュッとハグして褒めてあげましょう。

子供はママに褒められるのが、
一番、嬉しいんです♪

まとめ

子育て中はついつい、イライラして、
怒鳴ってしまうことってありますよね。

それで、子供が悪いことを理解してくれるのか、
というとそうではなく、
ただ単に『怖い』と思うだけに留まってしまいます。

子供には、何度も同じことを辛抱強く、
繰り返し諭すことで、
やっと、理解してくれるものですから、
本当に、根気がいる作業になります。

子供の我が儘に振り回されることなく、
ママもブレナイ態度をとることが大事ですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる