赤ちゃんって生クリームはいつからOK?ダメなら代用って何がある?

ケーキ

 

赤ちゃんが1歳の誕生日を迎えるのって、
もう初めて(当たり前ですが)の出来事で、
あれもこれもしてあげたくなっちゃいます。

そして、お誕生日やクリスマスと言えばケーキがまっさきに浮かんできます。

 

でも気になるのが1歳の赤ちゃんには、
生クリームのあるケーキって食べさせてもいいのかっていうこと。

もし、ダメなら何か代用するものってあるのか気になります。

大人だけがケーキを食べるのも何だか違うし、
何より、可愛い赤ちゃんにケーキを食べさせてあげたいのが、
ちょっとかってな親心。

そこで赤ちゃんが生クリームを食べていいのか、
しっかりとお伝えしちゃいますよ♪

赤ちゃんは生クリームはいつから食べていいか

生クリームって牛乳の脂肪分ですから、
ようは「油」なんです。

油自体は離乳後期から風味付け程度には使っても大丈夫です。

例えば、スープに少し加えて、
クリーム系のスープにするなど
少量からスタートさせるのがおすすめです。

 

生クリームは原料が牛乳ですので、
まずは牛乳アレルギーがないことが大前提になりますね。

目安としては離乳後期が完了する1歳半くらいまでは、
生クリームをわざわざ与えることは避けた方がいい
です。

 

ですが、1歳のお誕生日にケーキを用意してあげたいじゃないですか。

もちろん親のわがままかもだけど、
赤ちゃんがケーキを前にした動画や写真は、
やっぱりいい思い出になりますよね。

でも、市販のケーキは甘すぎますし、
油が多いのでやはりまだ早いと思います。

 

2歳のお誕生日なら、
完全に離乳して幼児食になっていますので、
お誕生日やクリスマスなど特別な日に限定すれば、
味見程度にケーキを食べても大丈夫でしょう。

おやつにケーキはまだちょっと控えておくことをおすすめしますよ。

赤ちゃんの生クリームがNGなら代用は何にするか

生クリーム

1歳のお誕生日やクリスマスに、
やっぱり赤ちゃんにもケーキを用意したいなら、
市販のケーキはダメでも、
おうちで生クリームを使わないケーキを、
ママが手作りしてあげるのはどうでしょうか?

 

その時、生クリームの原料である牛乳は避けたいですよね。

「じゃあ植物性の生クリームなら大丈夫なの?」

と思うけど、
ここでちょっと『待った!』をかけてください。

 

植物性は植物油を加えた加工品ですので、
赤ちゃんには避けた方がいいですね。

じゃあ、生クリームの代用には何がいいんでしょうか。

いくつかおすすめのものをご紹介しましょう。

①さつま芋とカボチャ

さつま芋とカボチャをクリーム状にして、
生クリームの代用
にする方法があります。

茹でて、裏ごししたさつま芋やカボチャに、
牛乳やお湯で溶いた粉ミルクを少しずつ加えて、
弱火でかけながら木べらで混ぜるとなめらかなクリーム状になります。

これなら離乳食の延長のようなものなので安心ですよ。

②豆乳入りホイップ

スジャータなどから出ている、
乳製品を使っていない豆乳入りのホイップクリームを、
生クリームのように泡立てて生クリームの代用にします。

牛乳アレルギーのあるお子さんにもこれなら安心です。

ただ大豆アレルギーがある場合はやめてくださいね。

③ヨーグルト

ヨーグルトはそのままだと水分が多いので水切りをすることがポイント。

赤ちゃんには砂糖の入っていないプレーンヨーグルトがオススメです。

ですが、酸味が強すぎて好き嫌いが分かれる場合があります。

メーカーによって味が違うので、
事前に味見をしておくといいですよ。

さいごに

赤ちゃんとケーキ

お誕生日やクリスマスは、
子供が主役になる特別な日ですよね。

まだ赤ちゃんだからと言って、
ケーキを用意しないのは何だか寂しかったりも

生クリームがダメならママが頑張って、
代用品でケーキを作ってあげるのも、
また、楽しい思い出深いお誕生日やクリスマスになるのではないでしょうか。

生クリームの代用品は、
い意外と簡単に作れますので、
よかったら参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる