ママ友のランチは断り方が難しい?理由は距離感で変えてみよう!

ママ友ランチ断り方

楽しいママ友とのランチ。

でも、中には気の合わない、
ママ友がいるときもありますし、
ランチばかりしていると、
懐事情も気になってきます。

それに嫌じゃないけど、
時には断りたいときもありますよね。

ただ、ママ友のランチを断ってしまうと、
角が立ってしまったり、
次からは誘われなくなったりすることもあり、
なかなか難しいものだったりします。

そこで今回は、ママ友ランチの上手な断り方をご紹介します。

ママ友ランチの断り方のポイントは謝るよりお礼が大事

ママ友とのランチを断るときには、
ついつい誤ってしまいがちですよね。

でも、角の立たない断り方の一つとして、
実は「お礼」が大切なのです。

 

よく考えてみてください。

もしもあなたが断られる側だった場合、

「ごめんなさい」

といわれてしまうと、
誘ったこちら側もなんだか、
誘って悪かったかなって思っちゃいませんか?

それに、その後の話も暗くなりがち。

 

でも、逆にお礼を言って断ってみてください。

例えば、最初に誘ってくれたことに対してお礼を伝えるのです。

「誘ってくれてありがとう!」

これを最初に言うだけで、
誘ってくれたママ友の反応も違ってきますよ。

ママ友ランチを断る理由は距離感で変えてOK

ママ友のランチを断る方法は、
他にもいろいろあります。

その中でも、より角を立てずに断れる方法として、
相手によって距離感を変える方法があります。

 

例えば、仲の良いママ友なら、
特に理由は言わずに断っても大丈夫なのでは?

「今回はごめんね!また今度誘って」

とあえて言い訳をせずにストレートに断っても、
仲の良いママ友であれば、

「じゃあまた今度ね」

と快く引き下がってくれますよ。

 

そして逆に、まだあまり親交がないママ友の場合には、
きちんと理由を述べる必要があります

例えば、子どもを理由にする方法があります。

「子どもの調子が悪いから、また子供が元気になったら誘ってね」

といえば、
相手もママなので理解してくれるでしょう。

他にも、「義母が今日は家に来るから」などと、
絶対に断れない理由を伝えるのも一つの方法です。

まとめ

ママ友ランチ

ママ友のランチを断るのは、
とても勇気がいるものですよね。

でも、きちんと理由を話せば、
きっとわかってくれるのではないでしょうか?

逆にそれでも強引に誘ってくるママ友とは、
ちょっと距離を置きたいですよね。

もしも一度断って誘われなくなってしまった場合には、
逆にあなた自身から、

「今日は大丈夫なんだけど、ランチ一緒に行かない?」

と誘ってみましょう。

ママ友とのランチを断るときに大切なのは、
まずは誘ってくれたことへの、
感謝の気持ちを伝えることが一番なんですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ワーママの茉莉花です!
子育てや家事の中で日々いろいろ悩んだり迷ったりしています。そんな経験がちょっとでもお役に立てばいいなって思います♪

目次
閉じる