熱中症って1歳の子供もかかるけど室内も要注意!その原因は?

子供の熱中症

小さな赤ちゃんの場合、
夏の暑い時期には熱中症の心配があるため外出を控えますよね。

もしも外出をしても、
比較的温度が低い早朝や夕方などを選ぶと思います。

 

しかし、室内にいるからと安心してはいませんか?

 

実は熱中症は室内でも十分にかかる可能性があるのです。

その証拠に毎年のように、
室内で熱中症にかかった人が緊急搬送されています。

 

今回は、1歳の赤ちゃんが室内でも熱中症にかからない方法をご紹介します。

熱中症は1歳の子供にも襲いかかるんです

熱中症は、夏の暑い時期には、
年齢に関係なく誰にでもかかり得るものですよね。

もちろん1歳の赤ちゃんでも例外ではありません。

 

特にベビーカーなどで移動をする場合、
赤ちゃんは大人以上に道路からの照り返しの熱を感じるもの。

その為、頻繁に水分補給をさせないと、
熱中症にかかってしまう可能性は大人よりも高い
と言えます。

 

今は、ベビーカーに乗った赤ちゃんが熱中症にかからないように、
様々な対策グッズがあります。

例えば、地面から高めに赤ちゃんが乗るところが設定されていたり、
赤ちゃんを冷やすために日よけグッズや保冷剤をつけられるものもあります。

 

赤ちゃんを夏の時期に外出させるときには、
しっかりと熱中症対策をする必要があるのです。

熱中症に1歳の子供が室内でもなってしまう原因と対策

1歳の赤ちゃんは、
夏の時期は日差しの暑い時間に外出すると、
熱中症にかかる可能性が高いもの。

その為、室内で過ごしている人も多いと思います。

 

しかし、その室内でも熱中症の危険は、
襲いかかってくることがある
のです。

 

例えば、家の中であれば、
しっかりと室温や湿度を下げてあげる必要があります

さらに、室内の風通しを良くしたり、
お昼寝の時のタオルケットなども注意することが必要です。

 

赤ちゃんというのは大人と違い、
まだまだ身体の機能が未発達ですよね。

その為、たとえ日陰の室内でも、
高い気温・湿度にさらされていたり、
水分不足や塩分不足になると、
簡単に熱中症になってしまう可能性があるのです。

 

そして、赤ちゃんは熱中症になっても、
自分で症状を訴えることが出来ません。

きちんと大人が赤ちゃんの状態を気にしてあげるようにしましょう。

まとめ

特に1歳の赤ちゃんは、
大人と比べると体が小さいにもかかわらず汗腺の数は同じ。

しかも汗をかく機能がまだ未発達です。

その為、屋外はもちろん、
室内でも熱中症にかかる可能性が考えられます。

 

ついつい室内なら大丈夫と安心してしまいがち。

しかし、温度や湿度・水分、塩分不足により、
1歳くらいの赤ちゃんは熱中症にかかる可能性が高いんです。

室内だからと安心せずに、室温や湿度を調節し、
こまめに水分補給をすることで、
赤ちゃんを熱中症から守ってあげましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる