赤ちゃんのお宮参りは可愛い衣装をレンタルで写真を済ますのもあり

お宮参り

もうすぐ赤ちゃんが生まれるご夫婦の会話。

「赤ちゃんのお宮参りどうする?」

お宮参りは赤ちゃんが、
生れてから初めて行うイベントです。

「お宮参りって行かなきゃダメなのかな」

最近ではきちんと神社で行うご家族は、
正直減ってきているのが現状ですね。

「写真とか親や親せきに送らなきゃいけないけど、写真館やスタジオで撮るだけでよくない?」

赤ちゃんの最初のイベントですから、
是非是非写真は残しておくべきですよ。

 

今は写真館やスタジオでの写真撮影が主流になってきています。

可愛い衣装がたくさん用意されているので、
楽しみながら、写真撮影に臨めますよ。

お宮参りは絶対に行かなきゃいけないのか

お宮参りとは、
赤ちゃんの健康と成長を願う、
昔はお参りするのが当たり前の行事でした。

現在は家庭のスタイルによって、
行く、行かないは、自由になりましたね。

そういえば、そもそもお宮参りって、
どんな意味があるのでしょう?

 

お宮参りは、
赤ちゃんが生まれてから、
初めてその土地の守り神に、
お参りするという行事
です。

赤ちゃんの誕生を神様に報告することとともに、
その土地や一族の仲間入りしたことを認めてもらい、
健康と長寿を祈るために行われます。

 

  • 男児は生後31日目から32日目。
  • 女児は生後32日目から33日目。

にお宮参りを行うことになっています。

地域によってはこの限りじゃありませんので、
ご了承くださいね。

 

また、お宮参りは、
産後の母親の母体の穢れを落とすという、
もうひとつの意味合いもありますので、
赤ちゃんを抱くのは夫の母親という習慣もあります。

この習慣から赤ちゃんにとっての、
おじいちゃんおばあちゃんが一緒にお参りに行くわけです。

 

ですが、現在お宮参りは、
それほどしきたりや習慣にとらわれることはなくなりました。

どこの神社でもよくなりましたし、
生後〇日目という日にちも気にしなくてよくなりました。

ですから、赤ちゃんの体調や、
その日の天候、
家族の都合などを考慮して、
いつでも行えるようになりました。

 

「絶対に行かなければいけないの?」

そう聞かれれば、

「そんなことはない」

と答えますが、
何となくお宮参りをしておくと、
安心感といいますか、
これからこの子を守っていく。

そんな責任感が生まれるような気がします。

あくまでも主観ですが。

お宮参りの衣装はレンタルでいいよね♪写真館で可愛くパチリ!

お宮参りの撮影は、
参拝日当日に写真を撮るのが一般的です。

最近では赤ちゃんの体調や、
ご機嫌を優先して、
お宮参りと写真撮影の日を、
別々にする家庭も増えています。

 

写真撮影には、
写真館やスタジオで撮影するパターンと、
プロのカメラマンに出張撮影をお願いするパターン
があります。

写真館やスタジオでは、
何百種類もの衣装の中から、
レンタルしてお宮参りも撮影出来ますので、
可愛い衣装を選び放題ですよ。

パパはともかく、
ママはどれを選んでいいのか、
迷うくらいたくさんあるので覚悟して下さいね。

 

最近では駅前やショッピングモール内に、
店舗を構えていることも多いので、
身近に感じられるようになりました。

プロのカメラマンにお願いする場合は、
お宮参りの日に同行してもらいます。

自然な雰囲気の中で、
赤ちゃんもリラックスして
素敵な表情を見せてくれるかと思います。

 

気になる値段は、
写真館やスタジオとプロのカメラマンとでは、
大して差はなく2~3万円前後になります。

だとしたらどちらを選んでも、
可愛い写真が撮れるならいいですよね。

 

写真館やスタジオで写真を撮る際のポイントとして、
先輩ママから一言。

  • 授乳とおむつ替えは済ませておくこと。
  • お気に入りのオモチャを用意しておくこと。

かなり重要ポイントですよ。

まとめ

お宮参り

今までしきたりとか習慣とか、
全然気にしないできた若夫婦でも、
赤ちゃんが生まれると気にするようになります。

気にするようになるというより、
子供に関する行事ごとがたくさん出てくるんです。

 

自分たちのためにはしなくても、
我が子のためなら何でもしてあげたくなるのが親心。

赤ちゃんとの二度とこない思い出を、
たくさん、たくさん作って、
たくさん、たくさん写真に残しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる