赤ちゃんの寝かしつけでのイライラ解消方法は3つのコツで乗り切る

赤ちゃん寝かしつけ

赤ちゃんが生まれるのはとてもうれしいことですが、
その後の子育てはとても大変ですよね。

特に大変なことの一つが寝かしつけ。

ママは赤ちゃんが寝ているときに、
家事などをしなくてはいけないので、
出来れば長い時間寝ていてほしいもの。

 

しかし、実際にはいつまでたっても寝てくれなかったり、
寝てもすぐに起きてしまったりします。

眠れなくてぐずることもしばしばで、
ママはヨレヨレですよね〜〜

そこで今回は、
赤ちゃんの寝かしつけについてご紹介しますね。

赤ちゃんの寝かしつけは大変

赤ちゃんの寝かしつけはとにかく大変ですよね。

静かに寝てくれて、
そのままずっと寝続けてくれればいいのですが、
実際には抱っこで寝かしつけても、
ベッドに下ろす時に起きてしまったり、
寝てくれたと思ったら、
すぐに目を覚ましてしまったりととても大変です。

 

さらに、生まれたばかりの赤ちゃんは、
まだ睡眠の週間がついておらず、
昼でも夜でも関係なく寝たり起きたりを繰り返します。

 

ママは赤ちゃんだけ見ているのではなく、
寝ている間に家事をこなさなければならなかったりと、
とにかく大忙しで大変。

そう考えると、本当に赤ちゃんの寝かしつけは大変ですし、
なかなか寝てくれずにイライラしてしまうという事も多いものなのです。

赤ちゃんの寝かしつけのイライラ解消法 3つのコツ!

赤ちゃんの寝かしつけで、
どうしても赤ちゃんが寝てくれずに、
イライラしたくなくてもしてしまう事って多いですよね。

そこで、イライラしない寝かしつけ方法のコツを、
3つご紹介します。

 

まず、抱っこひもやおんぶひもをつかって寝かしつける方法です。

特に赤ちゃんは外出中に、
だっこ・おんぶしているうちに寝てしまうことがありますよね。

赤ちゃんにとって適度な揺れは、
お腹の中にいた時と同じように心地よいもの。

そのせいなのか、意外とすぐに大人しくなって、
寝てくれやすくなります。

 

次に、隣で一緒に寝たふりをする方法です。

隣でパパやママが寝ているのを見ていると、
なぜか赤ちゃんも自然と寝てくれるもの。

さらに、赤ちゃんと呼吸を合わせていると、
眠りやすくなる傾向にあるようですよ。

 

最後に、読み聞かせや音楽を利用する方法です。

音楽はゆったりとした音楽やオルゴールなどもおすすめ。

生まれたばかりの赤ちゃんには、
良くお腹の中の音を聞かせるのもいいと聞きますよね。

音楽の中で子守唄は王道中の王道の寝かしつけ方法。

昔から歌われている子守唄は、
それだけの効果があるからなんですよね。

自分の好きな歌もいいけど、
早く寝て欲しい時はやっぱり定番の子守唄がおすすめですね。

 

絵本の読み聞かせもおすすめです。

小さな赤ちゃんにはもちろん内容は理解できませんが、
ママやパパの声が心地よいものなんですよ。

まとめ

赤ちゃん寝かしつけ

赤ちゃんの寝かしつけに、
悩んでいるママは少なくありません。

そんな時には色々な寝かしつけ方を試してみてください。

赤ちゃんによって、
寝かしつけ方というのは違ってくるものです。

しかし、きっとその赤ちゃんに合った、
寝かしつけは見つけられると思いますので、

一つ一つ試してみてはいかがですか?

安らかに寝ている赤ちゃんは、
本当に天使です!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる