電車に妊娠中のマタニティマークつけて乗るのは迷惑?!つける派つけない派?

マタニティマーク

妊娠すると最近では母子手帳と一緒に、
マタニティマークをもらいます。

マタニティマークは、

「私妊娠しています。
だから気を配って下さい」

と主張しているようで、
個人的にはあまりつけたくはないという人が、
けっこういるんですが、
お医者さんは何かあった時のためにも、
カバンに入れておくだけでいいから持ち歩くように、
と言っているんですよね。

 

マタニティマークは周りの妊婦さんやメディアを見ても、
ネガティブなイメージしかないのですが、
ポジティブな面も知りたいと思いますよね。

今回はそんなマタニティマークはつけるべきなのかと、
実際の体験をご紹介します。

電車に乗る時妊娠中のマタニティマークはつけるべき?

妊婦さんと胎児をあらゆる危険から守る、
目印としてあるはずのマタニティマーク。

最近ではこのマタニティマークをつけた妊婦さんが、
ニュースやSNSなどでも取り上げられてますが、
嫌がらせや危険な目に遭うという例があります。

 

そもそもマタニティマークの目的とは、
妊娠中の女性に、
安全性と快適さを与えることが出来るような、
環境作りのためにあるものなんですよ。

妊娠初期の時期は、
特に体調を崩しやすいことが多いけど、
一見、妊娠していることは分かりずらいですよね。

 

電車を使う時などに、
マタニティマークをつけることで、
周囲に妊婦であることを、
示すためのマタニティマークです。

マタニティマークをつけていることで、
電車で席を譲ってもらえたり、
その他にもタバコの煙がいかないように、
離れたところで吸ってもらえたりと、
いろいろな配慮をしてもらうための、
マタニティマークです。

 

ですが、世間の声は厳しく、
妊婦だからって、
優先されるのが当たり前だと思っていないか。

妊娠したくても出来ない夫婦もいるのに、
見せつけてるのがむかつく。

などと厳しい声が多いのも事実ですね。

 

当事者である妊婦さんたちは、
マタニティマークをつけなかった、
という人が私の周りにも意外にも多いんです。

どうしてなのかといえば、
マタニティマークをつけている方が、
危険だからと言うのです。

 

ですから、マタニティマークも、
時と場所をわきまえた、
つけかたをしなければならないという、
残念な結果となっています。

私は個人的にはマタニティマークをつけていてもらえると、
初期の頃は見分けにくい妊婦さんでもわかりやすいので、
電車などでも気をつけられるから、
つけていてほしいなと思うのですが・・・。

電車でマタニティマークをつけて良かったこと&嫌だったこと

マタニティマークは、
妊婦さんへの周囲の配慮を、
呼びかけるために作られました。

メリットが多いと見越して作られたものが、
逆に、デメリットの方が多かったんじゃないか、
という人も少なくありません。

 

マタニティマークのメリットとしてのリアルな声。

「まだお腹が目立たない頃、
つわりで体調が悪かった時、
電車やバスで席を譲ってもらえた」

「外出中に突然体調が悪くなり、
倒れてしまったのですが、
その時、マタニティマークをつけていたお陰で、
すぐに妊婦と分かってもらえて適切な処置が受けられた」

「重い荷物を持って階段を上がっていた時、
通りかかりの人が荷物を運ぶのを手伝ってくれた」

 

デメリットとしての声。

「満員電車に乗った時に、
本当に偶然、優先席の前に立ったら、
座っていた男性に、睨まれて舌打ちされた」

「マタニティマークをつけていると、
わざとお腹を蹴られたりすることがある、
と聞いて、怖くてマタニティマークはつけていない」

「ひったくりや犯罪のターゲットになりやすい」

 

親切を受けたという声がある一方で、
嫌な態度をとられたり、
最悪の場合には犯罪の標的にされてしまうことも、
現実にはあったりしちゃいます。

妊婦の安全性を守るためのマタニティマークが、
逆に、安全を脅かすものになりかねかいという、
とても悲しい現実があるのも本当なんですね。

自分と赤ちゃんの安全を守るためにも、
そと時々のシチュエーションに合わせて、
マタニティマークを上手く活用していく、
ということが求められてるというのも、
なんだか寂しい気がします。

まとめ

マタニティ

私が妊婦だった頃は、
まだ、マタニティマークの制度はありませんでした。
でも、もしその当時にマタニティマークがあったとしても、
私はつけないと思います。

ある人が言っていました。

「妊婦さんは、この世の中で、一番偉い人」

だと。

そこまで言っちゃうのはどうかなとも思いますが、
新たな命を守るためにも、
大事にされてしかるべきなのに、
マタニティマークで台無しにされてしまうのでは、
マタニティマークをつけない人の方が、
多くなるのは当たり前かもしれません。

世の中には心無い人がどうしてもいます。

そのせいでマタニティマークをつけられないのは、
本当に残念ですが、
優しい親切な人がもっと大勢いるのも確かなことなんです。

 

TPOに合わせたつけかたが、
これからは必要になるのかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる